未分類 0 Comments

オンライン査定は非常に強い味方ですが、過度な期待は禁物です。オンライン査定はこちら側の手間をはぶいて情報を提供してくれる優れものですが、こちらの情報をすべて開示しているわけではありません。現物を確認しているわけではありませんので、どこでマイナス査定をつけられるのか、それは現車次第であり、素人には分かり辛いものがあるのです。例えばプッシュキャンセラーの不具合があったとします。長年使っていると、それが当たり前だと思いこんでしまうことがあります。
バイク

売り手としては当たり前だと思うことでも、数々のバイクを扱ってきている業者にとってはマイナス要因になるのです。エンジンの調子などは特に素人には分かり辛いことが多く、普通だと思うことが実は調子を落としていたということは多いのです。

そのためバイクのオンライン査定はその金額がつくというのではなく、おおまかな見当をつけてくれる相場のようなものだと理解しておきましょう。オンライン査定が終わり、実際に業者が来る前にやっておきたいことがあります。それは洗車です。大切に乗っていたのだと思われますし、最終チェックにもなります。なにより愛車との最後の別れということもありますので、洗車は行っておきましょう。

未分類 0 Comments

バイクを高く売るための一手間。それは情報集めです。まだインターネットが日常でなかった時代は、口コミ以外に手はなく、バイク仲間からの情報がすべてでした。ですが現在はその手の情報は検索によって調べることが可能となり、それは時間の短縮にも繋がっています。スマホの普及により、それはより発展していますので、業者やバイク自体の情報は集まり易くなっています。

インターネットの一般化はこれだけではありません。バイクの買取において、最も重要であり、最も手間がかかったことがあります。それは相見積です。現在バイクの買取は出張査定を行ってくれる業者が数多く存在していますが、これは現車の確認であり、わざわざ出張してきますので無駄足だった場合すべてが無料というわけにはいかないケースがあります。なるべく多くの業者に見てもらい、高く買取ってくれる業者を選びたいのですが、その地方でのそのバイクの相場が分からなくては話になりません。比較できないのです。

ですが現在はオンライン査定というものがあります。現車を見せることなく、こちらの情報を入力するだけでおおよその査定額を算出してくれるのです。これを複数社利用することにより、相場や相見積といった最も重要なことが家にいながらできるのです。

未分類 0 Comments

バイクを査定に出すとき、それはバイクをより高く買って欲しいときに他なりません。最も高く売れる方法としては個人売買があります。業者が間に入らないため、売る側は業者に出すよりも高く売ることができますし、買う側は店舗よりも安く買うことができます。最善の方法のように思えますが、これは売買に関して上級者が行う手段であり、あまりお勧めはできません。売る側としては今まで乗っていたバイクですので、何の不具合も感じないと思っていても買う側にとってはそうは思わないケースがあります。

また以前からあったトラブルなのか、それとも買ってから起きたトラブルなのか、それを証明し保証できる手段はないのです。バイクや車、内燃機関で動くものは、たとえ新車であっても100%完全に不具合が起きないとは断定できません。新車であっても稀にクレームが起きるのですから、中古車なら尚更のことです。その手のトラブルが起きない、避けるために業者を間に挟んだほうが無難だといえるでしょう。バイクを売る側、買う側にとって個人売買との差額は保証や安心料だと思えば安いものなのです。

それでも高く売りたいと思うのは、当然です。1円でも高くと思うのであれば、手間をかけることです。何も手間を加えず、目についた業者に売ると、価格は時の運まかせということになります。バイクの買取額は、わずかな時間と自分の手間をかけると、それは価格になって返ってきますので、次の項からはそれを記すことにしましょう。